プロフィール

福田 越

THE CLINIC 福田 越

「女性を美しく幸せにしたい」という熱意から、美容外科医への転身を決意した元麻酔科専門医。前クリニック勤務時代から、THE CLINICの技術セミナーに意欲的に参加し、高い技術力とドクターの真摯な姿勢に感銘し、入職を決意する。入職後は、大橋ドクターの右腕として様々な施術を経験、憧れていたTHE CLINICの技術を取得する。2015年に、コンデンスリッチ豊胸をはじめとするボディデザイン技術とゲストやスタッフへの誠実な対応が評価され、名古屋院院長に就任。元麻酔科専門医の経験を活かし、安全で痛みの少ない施術をゲストに提供すべく、スタッフの教育にあたる。

得意分野
  • 脂肪吸引
  • 他院修正
  • 豊胸脂肪注入
  • 麻酔管理
  • 全身管理

ドクターストーリー

リスクはきちんと説明し、高レベルの予防と対応を徹底。

美容外科医になろうと思ったきっかけは何ですか?

子供の頃から美術や工作が好きで、デザインへの関心はありました。ただ、麻酔科医として忙しい日々を送る中では忘れていたかもしれません。
そんなとき山川先生のブログを拝見し、THE CLINICの技術セミナーに参加したんです。何もかもが新鮮で、デザインへの欲求が刺激されたことも理由のひとつですが、コンデンスリッチファット療法の可能性を知ったことが決め手となりました。

子供の頃から美術や工作が好きで、デザインへの関心はありました。ただ、麻酔科医として忙しい日々を送る中では忘れていたかもしれません。

ボディデザインに特化したTHE CLINICを選んだ理由は?

私の場合、「美容外科医になる=THE CLINICのドクターになる」でした。セミナーで実際の手術や参加ドクターとのディスカッションを見聞きしても、レベルがとても高いことは痛感していたので、美容外科医に転身するならここしか考えられませんでした。
また、コンデンスリッチファット療法をやるからには、日本一の症例を持つTHE CLINICでその可能性を突き詰めていきたいと思ったからです。

私の場合、「美容外科医になる=THE CLINICのドクターになる」でした。セミナーで実際の手術や参加ドクターとのディスカッションを見聞きしても、レベルがとても高いことは痛感していたので、美容外科医に転身するならここしか考えられませんでした。

どのような美容外科医を目指していますか?

リスクの説明を省略せず、そのリスクに対するしっかりとした予防と対応の取れる美容外科医です。それも個人としてだけでなく、クリニックレベルでより優れた安全管理ができる環境を整えたいと考えています。
そのため、負担の少ない手術と術後のフォローを徹底。持病のある方、毎日お薬を服用されている方へも適切なアドバイスをさせていただきます。そして危機管理など、これまでの経験をスタッフと共有することにも力を入れています。

リスクの説明を省略せず、そのリスクに対するしっかりとした予防と対応の取れる美容外科医です。それも個人としてだけでなく、クリニックレベルでより優れた安全管理ができる環境を整えたいと考えています。

経歴

  1. 1982年
    福井県生まれ
  2. 2008年
    福井大学医学部 卒業
    公立小浜病院 麻酔科 救命救急センター 入職
  3. 2011年
    豊橋市民病院 麻酔科 入職
  4. 2013年
    THE CLINIC 入職
  5. 2015年
    THE CLINIC 名古屋院院長 就任
  6. 2017年
    THE CLINIC 大阪院院長 就任(名古屋院兼任)

資格

  • 日本麻酔科学会認定専門医・標榜医
  • AHA ACLSプロバイダー
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER Lipo認定医
  • アラガン ボトックス認定医
ベイザーリポ2.0認定証福田 越
ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)は、トレーニングを経て認定されたドクターしか行えない脂肪吸引技術です。この認定証は、ベイザーリポ2.0(VASER Lipo)の提供を正式に認められているドクターの証です。