顎下の脂肪吸引【症例まとめ】

顔の脂肪吸引の中でも多いのが、顎下のたるみをどうにかしたいというご要望です。中には顎下の脂肪吸引のみを受けられるゲストも少なくありません。今回はそんな顎下のみの脂肪吸引症例をご紹介します。

【症例①】

ベイザー脂肪吸引 顎下

顎下のみベイザー脂肪吸引を行いました。耳から顎にかけてのラインがくっきりと出てシャープな印象になり、二重顎も解消されています。写真は術前と術後1か月の比較です。顎下のみだとダウンタイムは短く、内出血もあまり出ません。

【症例②】

顎下 脂肪吸引
顎下 脂肪吸引

こちらのゲストも顎下のみ脂肪吸引された方です。ベイザー脂肪吸引で皮膚もしっかり引き締まっています。
脂肪吸引したのは顎下のみなのですが、正面から見ると頬までスッキリしたように見えますね。このように、顎下だけでもはっきりとした変化を感じていただけます。

【症例③】

顎下 ベイザー脂肪吸引

顎下の皮膚のたるみも目立っていたゲストの症例です。ベイザー脂肪吸引のみを行いましたが、皮膚のたるみもしっかり引き締まりました。ベイザーは皮下の組織をほとんど傷つけずに脂肪吸引が可能なので、ある程度のたるみであれば、皮膚をしっかり引き締めてくれます。
 

顎下は脂肪吸引と脂肪溶解注射どちらがいい?

 

手ごろな価格でダウンタイムがほとんどないという理由から、若者に人気がある脂肪溶解注射。頬と顎下に脂肪溶解注射(BNLS)を打ってほしい、というニーズは多いのですが、正直顎下はあまりお勧めできません。

脂肪溶解注射はマイルドな効果は期待できますが、写真比較して明らかにスッキリするというところまで効果を出すのは正直難しいです。加えて、皮膚の引き締め効果がほとんどないため、たるみ感の強い部分には適していません。たるみのない頬には良い適応ですが、たるみ感のある顎下では、脂肪がなくなってもたるみだけが残ってしまいかねないのです。そのため、特に顎下は脂肪を減らすと同時に皮膚の引き締め効果もあるベイザー脂肪吸引の方がいいと思います。

また、費用面の話をすると、脂肪溶解注射は1本あたりは安価ですが、しっかり効果を出すために複数回注射しているうちに脂肪吸引とあまり変わらない金額になってしまいます。確実に短期間で効果を出したい方には、ベイザー脂肪吸引がオススメです。
 

ダウンタイムはどれくらい?

 

脂肪吸引が顎下の範囲だけであれば、術後の腫れ、痛みはほとんどありません。お仕事への復帰も1日お休みがあれば十分です(独自の腫れない工夫を行っています)。1週間後にはすっきりした印象になり、1カ月後には傷もほとんどわからなくなるため、大変満足度が高い施術です。

実は、私の実の母も、妻も顎下のベイザー脂肪吸引をしています。
カウンセリングに来られた方でご希望の方にはお見せするようにしています。ご興味がある方は、カウンセリング時にぜひお声がけください。

 

 


【お知らせ】
大阪院の脂肪吸引ページがリニューアルしました。
ダウンタイム情報なども詳しくまとまっていますので、ぜひご覧ください。
▷THE CLINIC 大阪院の脂肪吸引について