目の下のクマの症例です。

1ヶ月後の写真です。

眼窩脂肪の突出がある程度あったため、目の裏からの脱脂(経結膜下瞼脱脂術)とマイクロCRFの注入を組み合わせました。

脱脂のみで良いのか、逆に脂肪は取らずに脂肪注入のみの方が良いのか、両方が良いのか、それともハムラ法が良いのか…

組み合わせはいくつかあってどれが最適かはなかなか説明するのが難しいところです。

この方は、皮膚のたるみもなく境界部分が少し低いので、脱脂+マイクロCRFがベストだと判断しました。

青い部分が眼窩脂肪が突出した部分で脂肪を取るところ、紫の部分が段差になっている部分でマイクロCRFの注入を行う部分です。

取り出した脂肪です。内側・真ん中・外側とだいたい3つに分かれていることが多いので、膨らみ方を見て量を調整します。

術後の横のラインの変化です。

ついでに目の上の窪みや、頬にCRFを注入して少し高さを少し出すと、より若々しくかわいらしくなると思います。

眼窩脂肪は取ろうと思えばかなりの量が取れますが、取りすぎると窪み過ぎてシワができたり、逆にやつれて見えることにもなるので、バランスが大事です。