今回は生理食塩水のバッグが入っていた方です。

THE CLINICでは極力、バッグ挿入時の傷と同じ傷から取り出すようにしています。

拘縮が強い場合、「乳房の下縁を切らないといけません」と言われる場合も多いのですが、やはり傷が増えるのは嫌ですよね。

拘縮が強く硬い状態になっていてもほとんどの場合、同じ場所、同じ大きさの傷から取り出すことができます。

バッグが硬くなってきたり、縁がペコペコ不自然な感触になっている方は早めにご相談にお越しください。

バッグの取り出しと同時にコンデンスリッチ豊胸を行うことで、自然な形と感触の胸に再生することができます。